« 澤登選手との遭遇 | トップページ | 松田直樹ジャージカード引き! »

2005年6月26日 (日)

コンフェデ総括!

藤田俊哉がチームシャチでデビューしたらしいですが、まあそれはそれとして

ジーコジャパンよくやった!本大会も期待が持てるぞ!・・・と世間は絶賛一色ですね~確かに得点の形は出来てきたし、俊輔・大黒・小笠原・加地?ヒデ?は輝きがありました。見てて楽しくなってきたし・・・

でもね~ちょっと穿った見方かもしれないけど、ブラジルは引き分けで良かった試合だし、果たしてロベカル・カフー・ロナウドがいたら日本のサイドはあれだけの仕事が出来ていたか?もっと言えばブラジル代表が神様ジーコのチームをコテンパンにできないでしょうー

素直に試合を振り返ると、前半はカカーをフリーにしすぎだし、やっぱり失点は日本の右サイドからだし、ブラジルの2点目は三都主の守備能力のなさが浮き彫り!

良かった面は、小笠原がフットサル経験者ゆえの狭いスペースでのさばきは見事だし、こんなに鹿組を褒めるのは珍しいが柳沢の華麗なポストプレーと運動量・積極性には感心しました。俊輔は加地、ヒデは大黒といい関係が出来ているようですね。でも願わくは俊輔とヒデがカカーとロナウジーニョの関係になって欲しいと思う大会でした。

さあ今からブラジルVSドイツで本気を見てみましょう。

|

« 澤登選手との遭遇 | トップページ | 松田直樹ジャージカード引き! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100976/4708583

この記事へのトラックバック一覧です: コンフェデ総括!:

« 澤登選手との遭遇 | トップページ | 松田直樹ジャージカード引き! »